HOME >> 施工例 >>パーゴラのある庭

zenkei

パーゴラのある庭

庭のほぼ中央、リビングからの眺めのよい場所に立つ四角いパーゴラ。
円形ポーチや、四角と円形の花壇、正方形の飛び石風園路に沿う芝。幾何学的で計算された配置のアイテムに対し、パーゴラにからみつくバラや下草の自然な形とボリュームが心地よい対比で、まるで外国の風景のような素敵なお庭のご紹介です。

芝生や下草のない部分は、砂利敷きにして大きなウッドデッキを設置。高木はあえてなくして、小さな労力でいつも快適で美しい庭を楽しむことができます。
風情がありながら、きちんと感や清潔感が漂う大人のためのお庭が完成しました。
パースと平面図で見る庭の構成


最初にお出ししたプランをお客様と調整しながら、落ち着いたのが右の平面図です。
ウッドデッキは木材を50%使った木樹脂材。耐久性に優れていてお手入れが簡単です。

←西側から見た庭。右奥の花壇は菜園で、外側砂利敷きには芝止めが埋めてあります。
パーゴラ右下のグランドカバーがやがて、庭奥まで埋め尽くす予定です。
雑草の生えるスペースがありません。
今回使用した材料

左から 花壇 パーゴラ縁取りレンガ  ・  飛び石園路  ・  パーゴラ下ポーチ  ・  ウッドデッキ材料(写真は和風色)