HOME >> 施工例 >>WA 心地よい緊張感

zenkei
スリットを入れた白い塀、きっちりとそろえたこげ茶色のアルミポールが印象的な正面

WA 心地よい緊張感
白とこげ茶のきっぱりとしたコントラストが心地よい緊張感を感じさせる”和”のエクステリアをご紹介します。 モダンなお宅にマッチする2色使いとデザイン。全体を直線の部材で構成しましたが、アルミポールの天端や、さりげない乱張りアプローチの曲線がたおやかなヒメリンゴやササ、砂利、水鉢と見事にとけあっています。お客様が好きなもの、こだわりを丁寧に形にして、納得の「和モダン」に仕上げました。
アプローチが敷地の端のため、突当りに白壁と植え込みを設置しました。人の目を引くアイストップであると同時に、お行儀のよさが正面であることをさりげなく漂わせ、自然に玄関へ導いてくれます。あまり決まりすぎるのは野暮、要所のみを乱張りにしたアプローチの抜け感で、さりげない”和”を演出しました。
下草のササもお客様のご希望です。見通しのよいスリットや、水鉢 軽やかさと清潔感が漂います。

アプローチとカーポートを区切るのは、正面と同じ色、太さ違いのアルミポールですが、お客様のご希望で高さをランダムにしました。これだけで全く印象が変わりました。間隔は75mm、高さは95cmから120cmです。

カーポート正面



敷地 東側
建物横には、予備のスペースとサイクルポートを作りました。十分な収容能力とそのまま庭に回れる機能性を兼ねています。
築山と芝    意外としっくり

塀の内側は、繊細な下草をあしらった築山です。芝庭に突然?という違和感がないか心配だったのですが、自然をそのまま写した景色は、庭にすんなり溶け込んでくれました。